読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただいま卵巣嚢腫闘病中

アラサー突入!卵巣脳腫の闘病を綴ります。

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村 同じ病気で闘う方のブログあります↑

入院2日目※手術当日

この日は朝から絶食でした!
しかも生理と被ってしまって3日目。
昨日1日トイレに行きまくっていたおかげか、経血がだいぶ出たのかいつもよりかなり量は少なめで良かった💧

手術中どーするの!?って看護師さんに聞いたら、T字帯?なるものをつけてその上に尿取りパットつけてください!ニコッとの事…

いやーん!
やっぱり出血してたら看護師さんに変えてもらうパターンか…嫌だな…

あ!ちなみに下のおけけは、前日にそってくださいってバリカンわたされてジョリジョリしました٩(●˙▿˙●)۶…⋆ฺ

11時ぐらいに彼がお見舞いに来てくれて心強かったです

そんなこんなで12時ぐらいに親も来てなんやかんや過ごしている間に12時半

もともと看護師さんにこれに着替えてくださいって言われてた服に着替える



なんかスースーする!
そして、前日から下剤の影響でお腹ギュルギュルだからそっちも大丈夫なのか?
と不安を残しつつ彼は帰り、親のみ残りました

13時頃看護師さんに呼ばれ両親と共に徒歩で手術室へ

手術室の手前で親とお別れして、中に入ったら、ドラマで出るような手術室へ入る

入った途端、緑の手術服を着たスタッフが10人ほどいてビビる

そこを通り過ぎて更に奥の部屋へ

広い部屋に白い小さなベッド麻酔の先生と執刀する先生と看護師さん2人体制

ベッドは小さいけど、包まれる感じでふかふか
そして電気毛布をかけてくれてすごくホカホカ
多分ここで寝たら気持ちいいんだろうなって考えてて、毛布の下で手際よく手術着を脱がされる
そして酸素マスクをつけられて麻酔を打たれた
鼻にツンとした感じがしたなぁーって思ったら意識なかった💧
眠い!って思う暇もなく、意識が消えた感じでびっくり

〇さん〇さん!って声が聞こえたと思ったら手術終わってた!
ガラガラと部屋に運ばれていく感覚はあるものの意識は朦朧
重症患者用の一人部屋に移されました
親に時間聞いたら17時
約4時間もやってたのか(´・・`)

そこからは腹痛、腰痛、発熱によりうなされてました…
動けなくて時計も見れないので父がいつも使ってる腕時計※押すと光るを貸してもらった
それもお守りみたいで良かった

親も面会時間が終わり帰る

本当にこの日は意識朦朧としてて夜の記憶は無い(笑)
ただ1時間事に看護師さんが熱とか血圧とか計りに来てくれたのは覚えてる

いわゆる生存確認です


そうして夜があけていきました

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村